アレルギー科

アレルギーイメージ

アレルギーは外から刺激を受けた際に、それに応答する免疫反応の異常から起こります。本来免疫は病原微生物などの外敵が体内に侵入した際に、攻撃して体から排除する仕組みですが、スギ花粉やハウスダスト、動物の毛等の無害であるはずのものに対して過剰な免疫反応が起きてしまうことが原因です。蕎麦や卵、小麦などの食べ物に反応する人もいます。

近年、生活環境や住環境の変化によって子どもから大人までアレルギー疾患はとても増えています。衛生環境の改善による病原菌など、外敵の減少が却ってアレルギー疾患の増加に影響しているとも言われていますが詳しい原因までは明らかになっていないのが現状です。アレルギー反応によってくしゃみ・鼻水や咳、皮疹、腹痛、鼻炎、喘息、花粉症など多種多様な症状や疾患が起こります。アレルギーの原因もアレルギーの反応も人それぞれですから、その人各人に合った適切な治療を続けていくことが大切です。

こんな症状があったら受診をお勧めします
  • 咳が長引く
  • 鼻がつまる
  • さらさらした鼻水がでる
  • くしゃみが止まらない
  • 目がかゆい
  • 疲れやすい
  • だるい
  • 湿疹がでる
  • じんましん
  • 体が痒い  など
主なアレルギー疾患
花粉症、気管支喘息、アナフィラキシー、アトピー性皮膚炎、じんましん、食物アレルギー  など

花粉症(かふんしょう)

スギ花粉

花粉症とは、スギ、ヒノキ、カモガヤ、オオアワガエリ、ブタクサ、シラカンバなど植物の花粉が原因で、くしゃみや鼻水、鼻づまり、目のかゆみ等のアレルギー症状を起こす病気です。代表的なのは春先に飛散するスギ花粉によるアレルギーのスギ花粉症です。花粉症になると目のかゆみや鼻水、頭がボーっとする等の症状が出て、症状がひどい人は集中力が低下して日常生活に支障をきたします。アレルギーを抑える薬を、症状の出る1カ月ぐらい前から服用し始めると症状を抑える効果が高いです。

また、花粉の飛散する時期は、家に入る前に衣服に付いた花粉をよく落とす、布団を外に干さないなど、家の中になるべく花粉を持ち込まないようにするのも大切です。近年はスギ花粉エキスを少量ずつ舌の裏側に投与して馴らしていく舌下減感作療法が行われてきており、効果がある人が見られます。今まで罹ったことのない人でも、ある年急に発病して症状が出る事があります。「花粉症かな?」と思ったらまずは受診することををお勧め。

花粉症の症状
  • くしゃみ
  • 水っぽい鼻水
  • 鼻づまり
  • 目や鼻、のどのかゆみ
  • 目の充血
  • 涙がでる
  • 目や鼻が腫れぼったい
  • 頭がぼーっとする
風邪との違い
  • あまり高熱は出ず、あっても微熱程度
  • のどの痛みや関節痛はほとんどない
  • 鼻水は透明で粘り気はなく、水のように垂れてくる
  • 咳や痰はあまり出ないことが多い

舌下免疫療法(ぜっかめんえきりょうほう)

イラストイメージ

舌下免疫療法(舌下減感作療法)はスギ花粉症の治療法のひとつですが、名称に舌下とあるように舌の裏からスギ花粉のエキスを投与して体に吸収させます。最初は極めて少ない量からはじめて少しずつ時間をかけて量を増やしていくことにより、徐々に体を慣らして症状を和らげていきます。

この治療法は時間がかかりますが何年か続けることで治る人もいますし、完治しないまでも症状が軽くなり、アレルギー治療薬の服用も減らすことができます。ただし、全ての人に効果があるわけではありませんし、安全に行なうためにスギ花粉の飛散する時期には治療を開始できないなどいくつか条件があります。当院でも治療可能ですので御相談ください。

気管支喘息(きかんしぜんそく)

気管支喘息は呼吸器の病気ですが、気管支喘息の発症にはアレルギーが大きく関わっています。喘息の方は、自覚症状がない時でも慢性的に気道に炎症が起こっています。そこへダニ・カビ・猫や犬など動物の毛やフケ、花粉やたばこの煙などのアレルゲン(アレルギーの原因物質のこと)との接触刺激が加わると、発作を起こすリスクが格段に高まります。発作が長引くと治療に対する反応は遅くなりますし、炎症のコントロールが不十分なまま長年経過すると気管支の壁は厚く硬くなり戻らなくなってしまいます(リモデリングといいます)。発作は軽いうちに早めに治療し、十分な治療を行ってしっかり炎症を抑えることがポイントです。また、疲れとともに免疫をコントロールする力も弱まるので、アレルギー反応も起きやすくなります。普段からなるべく疲れをためない、気道を刺激しないようにするなど生活環境に気をつけることも大切です。

気管支喘息について詳しくはこちら

普段の生活で気道を刺激しないように!

ヒューヒューゼーゼーしませんか?気管支喘息について詳しく見る 階段の上り降りで息切れしませんか?慢性閉塞性肺疾患(COPD)について詳しく見る タバコやめたいなぁと思ったら。禁煙外来について詳しく見る イビキが大きい、息が止まっているといわれたらまずは検査を。睡眠時無呼吸症候群 更年期障害や様々な体の不調、疲労回復や美容にも効果的。プラセンタ
ページトップ