慢性閉塞性肺疾患(COPD)

COPDイメージ

慢性閉塞性肺疾患(COPD)は、喫煙や大気汚染物質の長年にわたる吸入刺激によって肺や細い気管支が障害されて呼吸ができなくなっていく病気です。問題なのは、若いうちは症状が出ないので気付きにくく、加齢とともに体力が低下してくる頃にようやく症状があらわれて来ることです。その時にはかなりの肺が消失してしまっているため、日常のちょっとした労作でも息切れを生じてしまい、生活の質も低下していくことになります。

近年呼吸器学会をはじめとして啓蒙活動が行われておりCOPDの認知度は高まってきていますが、日本では依然として喫煙率は高く、今後も喫煙との関連が明らかなCOPDは増加傾向が続くと見込まれています。COPDの原因となる喫煙は、がん、糖尿病、動脈硬化、うつ病など様々な疾患を引き起こすリスクが高まることも知られています。 COPDは早期発見・治療・禁煙が重要ですので、煙草を吸っている人は肺機能検査を定期的に受けてCOPDの早期発見、禁煙のきっかけに役立てていただきたいと思います。

慢性閉塞性肺疾患(COPD)の症状

症状は喘息発作に似ている面もありますが、一般的には喘息と違って症状は労作や運動に伴っておこりやすく、安静にしていると徐々に治まってくることが多いです。ただし、進行してくると喘息も合併してくることもあり、症状が発作性にひどくなることもあります。

慢性閉塞性肺疾患(COPD)の原因

イラストイメージ

COPDは以前から別名「たばこ肺」といわれ、90%以上が喫煙が原因といわれています。たばこを吸うと気管支に炎症がおこり、肺を傷害します。たばこの量が多くなればダメージはより強くなり蓄積していきます。喫煙量を測る数値としてブリンクマン指数(一日の平均喫煙本数×喫煙年数)というのがあります。指数が400を超えて来るとCOPDをはじめとした様々な疾患のリスクが高まります。ブリンクマン指数400以上の人は要注意です。

慢性閉塞性肺疾患(COPD)の診断と治療

COPDの診断は肺機能検査で行います。スパイログラムで肺活量と一秒量(1秒間に吐ける息の量)を測ります。COPDの人は気道が狭くなるので一気に息を吐くのが苦手になります。気管支喘息発作の状態でも似たような状況を示しますので、診察により鑑別診断を行います。肺機能検査で得られた重症度により治療を行いますが、現状では肺機能を元に戻すことはできず、気管支拡張剤などで呼吸の効率を良くして症状を改善させる治療が主体になります。COPDの方はちょっとした風邪などの軽微な気道感染でも、それがきっかけとなって急速に状態が悪化することがあります(急性増悪といいます)。このような場合には抗生剤やステロイド剤の全身投与が行われます。

禁煙禁煙イラスト治療の第一は禁煙です!喫煙を続けていると病状は進行するばかりで治療の効果も得られません。禁煙補助薬など禁煙をサポートする治療もありますので、自信を持って頑張ってみましょう。
★禁煙外来について詳しくはこちら→
ワクチン接種ワクチン接種イラスト COPDの方は呼吸器感染症に罹患すると遷延化・重症化しやすい傾向にあります。インフルエンザや肺炎球菌はワクチンもありますので、病状悪化を未然に防ぐためにもワクチン接種をお勧めします。
薬物療法薬イラスト吸入・内服・貼付等の方法で気管支拡張剤やステロイド剤を使い、痰の切れをよくして出しやすくする薬や、時には抗生剤等も使います。息切れなどの自覚症状を抑えることにより、運動耐容能・日常活動力を維持するのが目的です。
呼吸リハビリテーション肺イラスト肺機能をよくする効果はありませんが、呼吸筋の効果的な使い方や効率的な呼吸法の練習、下肢筋力増強による運動耐容能アップなどにより日常生活での症状改善を目指します。
酸素療法酸素吸入イラスト COPDが進行して慢性呼吸不全の状態になると、普通の空気を吸っていても十分な酸素を肺に取り込めなくなります。そうなると濃い濃度の酸素を吸わなければならなくなるので、常に酸素吸入が必要です。その場合には自宅に酸素濃縮機を置いたり、外出時には酸素ボンベを携帯したりする「在宅酸素療法」を行います。
ヒューヒューゼーゼーしませんか?気管支喘息について詳しく見る 階段の上り降りで息切れしませんか?慢性閉塞性肺疾患(COPD)について詳しく見る タバコやめたいなぁと思ったら。禁煙外来について詳しく見る イビキが大きい、息が止まっているといわれたらまずは検査を。睡眠時無呼吸症候群 更年期障害や様々な体の不調、疲労回復や美容にも効果的。プラセンタ
ページトップ