消化器内科

消化器内科疾患イメージ

消化器内科では食道、胃、腸、肝臓、胆のう、すい臓など消化に関連した器官の異常による疾患を診療します。

食べ物を口から食べると食道、胃を通って小腸から大腸に流れていくうちに消化・吸収され、残りカスが便となって肛門から排泄されます。食べ物の通路を消化管といいますが、消化液等を作るすい臓や吸収した栄養を分解・再合成したりする肝臓等の内臓を併せて消化器と呼んでいます。潰瘍や炎症、がん等の腫瘍によって腹痛や下痢、嘔吐など様々な症状が出ますが、無症状の場合もあります。

特に肝臓は沈黙の臓器とも呼ばれ、症状が余りないことも多いです。消化器内科の対象となる消化器疾患は数多いですが、胃部不快感や胸焼け、腹痛などの症状が中心でも消化器疾患が原因ではない場合があります。

こんな症状があったら受診をお勧めします
  • 胸やけ
  • 吐き気
  • 呑酸
  • ゲップ
  • 口臭が気になる
  • のどのつかえ
  • 食欲不振
  • 胃もたれ
  • 腹部膨満感
  • 目や体が黄色くなった
  • 嘔吐
  • 腹痛
  • 下痢
  • 便秘
  • 黒色便
  • 血便  など
主な消化器疾患
逆流性食道炎、胃・十二指腸潰瘍、急性・慢性胃炎、腸炎、ピロリ菌感染症、潰瘍性大腸炎、クローン病、腸閉塞、便秘症、過敏性腸症候群、食道がん、胃がん、大腸ポリープ、大腸がん、肝炎、肝硬変、胆石、脂肪肝、膵炎  など

逆流性食道炎(ぎゃくりゅうせいしょくどうえん)

逆流性食道炎イメージイラスト

飲んだり食べたりしたものは口から食道、胃へと流れていきます。本来食道と胃の境目(胃の入り口)には噴門があって、巾着のように締まることにより胃に入った食べ物が逆流しないような仕組みになっていますが、加齢や体質により噴門の締まりが弱くなると、胃から食道に胃液を含んだ内容物が溢れることになります。胃液は塩酸という非常に強い酸性の液体ですので、食道の壁は胃酸でただれてしまいます。

逆流性食道炎は、逆流した胃酸で食道の粘膜が傷ついて炎症をおこしてしまう病気です。胸やけやジリジリする感じ、酸っぱい水が上がってくるような感じ、ゲップや吐き気がするなど様々な症状が出ます。

また、胃酸を気管や肺に吸い込んだりすると、気道にも炎症を起こすので慢性的な咳の原因となっている場合もあります。逆流がひどい高齢者では誤嚥性肺炎を来たすこともあるので注意が必要です。横になると逆流は酷くなるので、食後すぐに寝るのは避けて30分くらいは仰向けにならない方がよいでしょう。逆流性食道炎の治療には服薬もありますが、暴飲暴食を避け、消化の良いものを食べるなど、生活習慣を改善していく必要があります。

心窩部痛(しんかぶつう)

心窩部痛イメージイラスト

心窩部痛は病名ではなく、症状のひとつですが様々な病気で起こります。心窩部とは医学用語で、俗に言う “みぞおち付近”を指します。みぞおち付近の臓器は胃袋ですので、心窩部痛と言えば多くは胃炎や胃潰瘍の症状です。

ところが実際には、心筋梗塞や急性膵炎、腸閉塞、盲腸(虫垂炎)の初期症状だったりすることが少なからずあります。

また、ごく稀ですが子宮外妊娠であったケースもあり、消化器疾患とは限りません。当院では総合的な見地から診断・治療を行っていくことを心掛けております。

検査のすすめ

イメージイラスト

お腹にくる風邪などは回復すれば良くなりますし、服薬で治る病気であればいいのですが、なかなか良くならない場合は詳しい検査をオススメします。

当院では胃カメラや大腸カメラでの内視鏡検査は行っておりませんので、症状が長引く場合は詳しく検査ができる病院をご紹介いたします。

胃がん・食道がん・大腸がんなど、命に関わる大きな病気である可能性もありますので、会社の健康診断や市民検診を定期的に受け、症状がある場合は自己判断せずに病院で検査を受けるようにしてください。

ヒューヒューゼーゼーしませんか?気管支喘息について詳しく見る 階段の上り降りで息切れしませんか?慢性閉塞性肺疾患(COPD)について詳しく見る タバコやめたいなぁと思ったら。禁煙外来について詳しく見る イビキが大きい、息が止まっているといわれたらまずは検査を。睡眠時無呼吸症候群 更年期障害や様々な体の不調、疲労回復や美容にも効果的。プラセンタ
ページトップ