脂質異常症(高脂血症)

食生活の欧米化で患者数は200万人越え!ドロドロの血液が様々な病気を引き起こす!

脂質異常症(高脂血症)とは

脂質異常症(高脂血症)とは、体の中の脂質の流れがうまく調節できなくなって、LDLコレステロール(悪玉コレステロール)や中性脂肪が多くなり過ぎたり、HDLコレステロール(善玉コレステロール)が少ない状態が続いたりする病気です。それにより動脈硬化を起こしやすくなり、脳卒中や心筋梗塞のリスクが高まってしまいます。

脂質異常症(高脂血症)

脂質異常症(高脂血症)の原因

遺伝の影響が大きい家族性高脂血症や、他の病気が原因で引き起こされる二次性脂質異常症(高脂血症)以外は、やはり普段の生活の中に原因があります。「食べすぎ」「動物性脂肪の多い食事」「甘い物の食べ過ぎ」「アルコールの飲み過ぎ」「運動不足」「肥満」「喫煙」などにより引き起こす病気です。

脂質異常症(高脂血症)の症状

脂質異常症はほぼ自覚症状がありません。健康診断の血液検査の数値が悪いことで初めて診断される方がほとんどです。

脂質異常症を放置するとどうなるの?

脂質異常症とは、血液中の脂質(コレステロールや中性脂肪)が増加増えた状態で、血液がドロドロねばねば状状態になります。この状態が長く続くと血管内壁に脂質が沈着し血管の壁が厚く硬くなる動脈硬化が進行し、以下のような合併症を引き起こします。

合併症
脂質異常症の合併症
狭心症、心筋梗塞、脳卒中、胆石症、大動脈瘤、糖尿病、痛風、脂肪肝

脂質異常症(高脂血症)の基準値と診断

脂質異常症は、血液の中のLDL(悪玉)コレステロール、HDL(善玉)コレステロール、トリグリセライド(中性脂肪)の値によって診断されます。3つの脂質の値のいずれかが、以下の表の基準値にあてはまると、脂質異常症と診断されます。

動脈硬化性疾患予防ガイドライン 2012年版
脂質異常症の基準値(空腹時採血)
LDL(悪玉)コレステロール 140mg/dl以上 高LDLコレステロール血症
120~139mg/dl 境界域高LDLコレステロール血症
HDL(善玉)コレステロール 40mg/dl未満 低HDLコレステロール血症
中性脂肪(トリグリセライド) 150mg/dl以上 高トリグリセライド血症

脂質異常症の検査

健康診断などで「コレステロールが高い」と指摘された方、放置せずにお越しください。基本検査から行い、状態に応じて専門検査を取り入れて診断いたします。

脂質異常症の治療

STEP1

①の基本検査項目の結果により必要な場合②の専門検査項目を行い、まずは運動療法・食事療法で中性脂肪やコレステロールを低下させるための生活習慣に関する指導を行います

循環器内科

STEP2

運動療法・食事療法で改善が見られなかった場合には「LDLコレステロールを減らす薬剤」や「中性脂肪を減らす薬剤」による薬物療法を行います。

循環器内科

検査のすすめ

こんな方は動脈硬化の検査をうけましょう!

動脈硬化

当院では血管の硬さや詰まりが約5分でその日のうちにに分かる血圧脈波検査(CAVI)が受けられます。

健康保健で検査を受けることができます。

検査のすすめ

その生活習慣病の原因は「無呼吸症候群」かも!?

睡眠時無呼吸症候群は、高血圧、糖尿病、高血脂症、心臓病、脳血管疾患などを引き起こす原因となります。生活習慣病を改善するためにまずは睡眠時無呼吸症候群の検査を受けましょう。

こんな方は睡眠時無呼吸症候群の検査をうけましょう!

睡眠時無呼吸症候群

当院では睡眠時無呼吸症候群の検査を行っています。

ヒューヒューゼーゼーしませんか?気管支喘息について詳しく見る 階段の上り降りで息切れしませんか?慢性閉塞性肺疾患(COPD)について詳しく見る タバコやめたいなぁと思ったら。禁煙外来について詳しく見る イビキが大きい、息が止まっているといわれたらまずは検査を。睡眠時無呼吸症候群 更年期障害や様々な体の不調、疲労回復や美容にも効果的。プラセンタ
ページトップ