高血圧症

自覚症状がないうちに命を脅かす「サイレントキラー」。健康診断や家庭での血圧測定を習慣づけましょう!

高血圧症とは

高血圧症とは慢性的に血圧が高い状態が続いて、動脈硬化などの原因にもなる病気です。身体に酸素や栄養を届ける血液は心臓から送り出される時に血管にかかるのが「圧力」です。高血圧症の場合、この血液量が多かったり、血管が細かったりすることで血液の流れが悪く、血管に正常値を超えた「圧力」がかかってしまいます。それにより血管に負担がかかり、様々な障害や合併症を引き起こしてしまうのです。

高血圧症

高血圧の原因

患者さんの90%を占める『本能性高血圧』の原因は、まだはっきりとはしていませんが、遺伝と生活習慣が関係していると考えられます。高血圧になりやすい生活習慣は、「塩分のとりすぎ」「肥満」「運動不足」「飲酒」「喫煙」などです。

高血圧の症状

基本的には高血圧の自覚症状はほとんどありません。気づかないうちに進行していることが多いことが「サイレントキラー」と呼ばれる由縁です。それでも、下記のような症状を感じる方もいるようです。

比較的初期に出やすい症状
  • 頭痛
  • めまい
  • 耳鳴り
  • 肩こり
  • 頭が重い
  • 貧血
  • 鼻血
  • 目が赤い
進行するにつれて出てくる症状
  • むくみ
  • しびれ
  • 頻尿
  • 胸痛
  • 呼吸困難

高血圧を放置するとどうなるの?

高血圧症

高血圧が続くと、動脈が硬く、もろくなる動脈硬化が起こり、脳卒中、心筋梗塞、腎不全などの合併症を引き起こします。

血管が固くなるというイメージは、水道の蛇口に取り付けたホースに例えると、ホースの弾力が失われるイメージです。ホースに弾力性がなくなってしまう硬くなり、傷つきやすくなります。そのままの状態でいると血管(ホース)が詰まって血液の流れが止まってしまったり破裂してしまったりと大変危険です。

高血圧の合併症
【脳】脳出血、脳梗塞       【心臓】狭心症、心筋梗塞、心肥大、心不全
【腎臓】腎硬化症、腎不全     【血管】大動脈瘤
【目】出血、白斑、視力障害    【足】間欠性跛行、壊疽

高血圧の基準値と診断

収縮期血圧(最高血圧)と、拡張期血圧(最低血圧)の両方、またはどちらかが正常値よりも高い状態を高血圧といいます。下記の基準値にあてはまると高血圧症と診断されます。

  収縮期血圧(最高血圧) 拡張期血圧(最低血圧)
診察室血圧 140以上 かつ/または 90以上
家庭血圧 135以上 かつ/または 85以上

高血圧の検査

健康診断などで高血圧と指摘された方、自己測定で気になる方はお越しください。基本検査から行い、状態に応じて専門検査を取り入れて診断いたします。

高血圧の治療

一次性の高血圧の場合
薬物療法(降圧療法)、食事療法、運動療法などの指導
二次性の高血圧の場合
他の病気からくる二次性のものかを検査し原因の特定と治療を行います。

検査のすすめ

こんな方は動脈硬化の検査をうけましょう!

動脈硬化

当院では血管の硬さや詰まりが約5分でその日のうちにに分かる血圧脈波検査(CAVI)が受けられます。

健康保健で検査を受けることができます。

検査のすすめ

その生活習慣病の原因は「無呼吸症候群」かも!?

睡眠時無呼吸症候群は、高血圧、糖尿病、高血脂症、心臓病、脳血管疾患などを引き起こす原因となります。生活習慣病を改善するためにまずは睡眠時無呼吸症候群の検査を受けましょう。

こんな方は睡眠時無呼吸症候群の検査をうけましょう!

睡眠時無呼吸症候群

当院では睡眠時無呼吸症候群の検査を行っています。

ヒューヒューゼーゼーしませんか?気管支喘息について詳しく見る 階段の上り降りで息切れしませんか?慢性閉塞性肺疾患(COPD)について詳しく見る タバコやめたいなぁと思ったら。禁煙外来について詳しく見る イビキが大きい、息が止まっているといわれたらまずは検査を。睡眠時無呼吸症候群 更年期障害や様々な体の不調、疲労回復や美容にも効果的。プラセンタ
ページトップ