呼吸器内科

呼吸器疾患イメージ

呼吸器内科は呼吸器、即ち肺や気管支等呼吸に関連した臓器・病気を診療する内科です。代表的な病気は気管支喘息や肺癌、肺炎などですが、肺は単に息を吸って吐くだけの臓器ではありません。肺は空気と共に常に外界の塵や埃、カビや細菌等の微生物を吸い込み接触しているため、外敵が体内に侵入しないように防御・排除する仕組み(免疫)を働かせています。

免疫機構が破綻すると感染症を引き起こしたり、アレルギーや膠原病疾患を発症することがあります。また、肺の血管は心臓と直結しており心臓の機能と密接に関連していますし、血管は非常に細い毛細血管になっていますので、全身の血管で生じた微細な血の塊を溶かして取り除くフィルターの役割も果たしています。呼吸器内科は呼吸器以外の様々な臓器や全身性疾患と関連が深い領域です。長年、呼吸器専門医として診療に携わってきた経験を活かし、最適な医療を提供して参ります。

こんな症状があったら受診をお勧めします
  • 長引く咳
  • 痰が切れにくい
  • 痰に血が混じる
  • 動くと息切れする・息苦しい
  • 若い頃に比べて息が上がりやすくなった
  • ゼーゼーする・ヒューヒューする
  • 胸が痛い
  • 大きないびきをかく
  • 日中ひどく眠い
  • 寝汗をかく
  • 食事中や食後咳が出る・むせる  など
主な呼吸器疾患
風邪症候群、インフルエンザ、咽頭・喉頭炎、気管支炎、気管支喘息、咳喘息、睡眠時無呼吸症候群(SAS)、肺炎、慢性閉塞性肺疾患(COPD)、間質性肺炎(肺線維症)、慢性呼吸不全、肺結核、肺腺がん、肺癌  など

気管支喘息(きかんしぜんそく)

気管支喘息は発作性に呼吸困難、喘鳴(ぜんめい)、咳嗽(がいそう)などの症状が起こり呼吸出来なくなる病気ですが、気道の慢性炎症が原因のため症状は反復性で発作の増悪と軽快を繰り返します。近年、吸入ステロイドをはじめとした治療薬の進歩により死亡数は減少傾向にありますが、今なお年間2000人近い方が気管支喘息発作で亡くなっています。

私が救急病院に勤務していた時は、喘息発作を起こして瀕死の状態で救急搬送される方は結構多くおられ、その中には稀ではあるものの不幸にして亡くなってしまう方もいました。高齢者よりも若い人の方が発作を我慢してなかなか病院に来られず、発作を重症化させてしまう傾向が強くみられます。将来有望な若者が喘息発作のために命を落としてしまうのはとても残念なことです。喘息は現在の医学では完治させることは出来ませんが、適切に発作をコントロールすれば普通の人とほぼ変わらない日常生活を送ることが可能です。

気管支喘息について詳しくはこちら

咳喘息(せきぜんそく)

喘息イメージイラスト

咳喘息は気管支喘息の亜型と考えられていますが喘息の前段階ともいえます。風邪は治ったのに長期間咳が続く状態(遷延性咳嗽/せんえんせいがいそう)の中には咳喘息が原因となっている場合があります。咳喘息は気管支喘息とは異なり「ヒューヒュー」「ゼーゼー」といった喘鳴(ぜんめい)は聴取されず、肺機能の悪化も認めません。

咳喘息の3割程度は気管支喘息へ移行するとも言われ、一般的な咳止めは効果が乏しいことが多いですが、喘息治療薬の気管支拡張薬や吸入ステロイドが著効します。長引く咳はアトピー性咳嗽や副鼻腔気管支症候群(副鼻腔炎の膿汁が気管支に流れ込むための刺激で起きる咳)、逆流性食道炎(食道に逆流した胃酸を気管支に吸い込んでしまうために起こる咳)といった意外な疾患が原因であったり、肺癌や結核、間質性肺炎等の重大な疾患が隠れていることも有り得ますので、咳が長く続いている場合は受診をして的確な診断を受けることが大切です。

インフルエンザ

インフルエンザイメージイラスト

インフルエンザは、インフルエンザウィルスが気道に感染するために起こる感染症です。急に39度前後の高熱が出て全身倦怠感や関節痛、のどの痛みなどの症状が出ます。一般の風邪よりは症状が強いですが普通の人は通常はゆっくり休養をとれば1週間程度で自然に治ります。しかし、子供や高齢者、基礎疾患があって免疫機能が低下している人などは重症化することがあります。幼児はまれに脳症を来たして重い後遺症が残ったり、免疫力の低下した人の場合はインフルエンザによるウィルス性肺炎で亡くなる方もいます。

インフルエンザは治っても高齢者や呼吸器疾患を抱えた方の場合には、インフルエンザで体力が落ちて弱っているところに細菌感染がおこり、二次感染による細菌性肺炎を引き起こす場合もあります。かつてインフルエンザウイルスがまだ発見されていない頃、インフルエンザ患者の痰からたくさん検出されたためインフルエンザの原因菌と間違えられたことから名前がついたインフルエンザ菌が代表的です。

近年タミフルをはじめとして飲み薬や吸入・注射等様々なタイプのインフルエンザウィルスの増殖を抑える薬が登場してきました。発症48時間以内に投与すれば症状を軽く抑えられるメリットはありますが、ウィルスを殺す作用はないので、治すのはあくまで自身の自然治癒力です。インフルエンザは飛まつ(咳やくしゃみなどのしぶき)により伝染し、その感染力は非常に強く、ワクチン接種や体調管理、手洗い・うがい等、日頃の予防が大切です。

インフルエンザワクチンは摂取後2週間から1ヶ月程度で効果が現れ、効き目の持続は数ヶ月から半年程度といわれています。また、インフルエンザウィルスは変異が多く、毎年流行するウィルスのタイプが異なりますのでワクチンはその年の物を毎年受けることをお勧めします。

当院では流行期前から予約により接種を開始する予定ですが、詳細はお問い合わせください。

慢性閉塞性肺疾患(まんせいへいそくせいはいしっかん)/COPD

慢性閉塞性肺疾患は英語名のChronic Obstructive Pulmonary Diseaseの頭文字をとってCOPDとも呼ばれています。以前は肺気腫や慢性気管支炎という病気に分かれていましたが、病態が共通するため今ではひとつの疾患概念としてCOPDに統一されています。

COPDの多くは喫煙により肺の構造が破壊され、空気の通り道が塞がれたり肺そのものが壊れてしまうため、息切れなどの症状が徐々に進行していく病気です。長年の喫煙により数十年の経過でゆっくりと進行するため気づきにくく、気づいた頃には日常生活に支障をきたすほど進行していて、破壊されてしまった肺は再生しないので元に戻ることはありません。進行すると息切れのため動くこともままならず、寝たきりのような生活になってしまったり、酸素を取り込む力も弱まって常に酸素吸入を必要とするため在宅酸素療法をおこなう必要がある等、生活の質が極端に低下してしまうことがあります。潜在患者は推計500万人くらいいるのではないかと推測されていて、今後はCOPDが死因の上位に入ってくると予想されています。

何よりも早期に発見して禁煙することが、更なる肺機能の低下や症状の悪化を防ぐのに重要であり、治療薬により症状の緩和も可能です。喫煙している、咳がでる、痰がでる、同世代の人と比べて息切れしやすいなど、これらにあてはまる方はぜひ一度、肺機能検査を受けることをお勧めします。

慢性閉塞性肺疾患(COPD)について詳しくはこちら

睡眠時無呼吸症候群(すいみんじむこきゅうしょうこうぐん)/SAS

睡眠時無呼吸症候群は、寝いている間に呼吸が止まってしまう病気です。寝いている間のことですから、ご本人が気づきにくいという点がポイントです。睡眠時無呼吸症候群になると、熟睡できず体がしっかり休めていないため、昼間もすっきりせず、すぐ居眠りしてしまうのが特徴です。家族などから「いびきがすごい・寝ている時しばらく呼吸が止まる」との指摘で気付くこともあります。居眠り運転で事故を起こしたり、集中力が低下したりなど日常生活や仕事に支障をきたす事があります。また、無呼吸により血液中の酸素濃度が低下してくると心臓に負担がかかり、高血圧や心不全、脳卒中や糖尿病などの病気を合併する危険性があります。

こんなことありませんか?
  • いびきをかく
  • 周りの人から、寝てるときに呼吸が止まっているといわれたことがある
  • 昼間もとても眠い
  • よく居眠りをする
  • 寝汗をかく
  • すっきり起きられない
  • 起きたときに頭が痛い
  • 寝たはずなのに体が重い
  • 太っている

睡眠時無呼吸症候群について詳しくはこちら

ヒューヒューゼーゼーしませんか?気管支喘息について詳しく見る 階段の上り降りで息切れしませんか?慢性閉塞性肺疾患(COPD)について詳しく見る タバコやめたいなぁと思ったら。禁煙外来について詳しく見る イビキが大きい、息が止まっているといわれたらまずは検査を。睡眠時無呼吸症候群 更年期障害や様々な体の不調、疲労回復や美容にも効果的。プラセンタ
ページトップ