“コンビニエンス”な医療

“コンビニエンス”な医療

コンビニエンスストアのように、医療機関が365日24時間、患者の受け入れ体制を行うという事は、そこに従事して働く人々がいるという事になります。最近ではサービス産業における、ロボット化やAIが、人間の働き手の台頭とも言われ、お茶の間の話題としても盛り上がりをみせる中で、今後の医療現場へのロボット技術やAI技術の参入が、患者にとってどのような役割を担ってくれるのかをみてみましょう。あらゆる産業に影響を与えると言われている、AIの技術は、優れた人工知能として人々の職場を奪ってゆくのではないかと議論されています。実際に「医師 求人」「看護師 求人」などに、現在変化がみられるかというと明確な応えはみつかりませんが、医療の中で特に注目を集めているのがAI技術によるレントゲンの画像認識であります。すでに水面下とは言えないほど、レントゲンの画像認識技術における競争は激化しているとも言われています。AI技術が表舞台で特に話題とされるのは、自動車の自動運転技術や、将棋の対戦相手としての人工知能、防犯カメラなどの解析技術などの技術進化が人にとって代わるのではないかと巷で取り上げられています。その他の産業においても、無人の外食チェーン店が出現することや、農業における作物の収穫、建設現場などでは危険な作業とされる溶接などにおけるロボット化や人口知能の台頭が未来社会の働き手不足に対する担い手となるであろうと考えられています。以前より医療現場では、アナログカルテから電子カルテへの移行をはじめ、オペなどの医療機器におけるロボット技術やAIの進化など、あらゆる医療環境が進化を遂げています。その技術により、「医師 求人」や「看護師 求人」の増減が今後あるのではないかという予測は、ある程度たてられてはいるようです。過酷な環境で働く医師や看護師の代わりを、ロボットやAIが代替して行ってくれることで、さらなる医療の姿に変化が起きそうな予感です。