医療いまむかし

医療いまむかし

江戸時代の蘭学者、「杉田玄白」らが出版した「解体新書」は、それまでの東洋医学で考えられていた人体への認識を覆すようなものだったと歴史的観点から語られることが多い書物となります。「解体新書」が世の中に与えた影響力は、現代における私たしたちの暮らしの中に、大きく反映されているのではないかと感じます。東洋医学と西洋医学の融合は、私たちの生命に関する考え方や生活、さらには「医療」の発展に多大なる働きかけを行ったのではないでしょうか?私たちは、医療に携わってきた先人たちのバトンを受け継ぐとともに、未来の社会や人々にそのバトンを、生涯を通して渡していかなくてはなりません。杉田玄白らが、蘭書であった「解体新書」を、読み解くまでには、4年もの月日が費やされ、西洋的な学問や思想に閉鎖的な世の中において膨大な作業と葛藤があったと語り継がれています。それだけの労力を尽くしてでも先人たちが、医療や人間の生命に対する見聞を深めようとした時代に、私たちは、何か心動かされるものを感じて止みません。彼らが伝えようとした医療のあり方を、現代と未来の家用の姿に重ねていきたいと思います。医療現場における、「医師 求人」や「看護師 求人」などの、人働き手が、人工知能にとって代わる時代が来ると言われようとも、そこに行き着くまでの人々の医療に対する姿勢を忘却してはならないとこれからの医療に思いうぃはせる中で考えさせられます。ロボットや人工知能が「医師 求人」「看護師 求人」に、台頭する社会がやってきたとしても、医療を支えてきた人々の姿を忘れることのないよう次の時代を築いていきたいものです。