未来へ繋げるために

未来へ繋げるために

「医師 求人」や「看護師 求人」が、ロボットやAIの台頭を受けようとも、重要なことは「医療」が社会のため、人々のために存在していくことを、私たち個人が忘れてはならないことです。ロボットやAI技術が、365日24時間、患者を受け入れる体制をとる病院の片腕になるような存在になれればと思います。ロボットや人工知能は、医療、警備、建設、農業、飲食業、介護、スポーツなど、様々な分野で、その活躍が期待されています。あらゆる産業を支えてくれる存在であろう、人工知能のあり方は、私たち個人の考え方次第で、良くも悪くも社会に影響を与えていくのだと考えます。江戸時代の蘭学者、杉田玄白らが、出版した「解体新書」は、世の中にセンセーショナルな影響を及ぼし、現代へとその想いが紡がれています。今後の人工知能技術が、社会に与える影響はかなり大きなものとなると考えられます。医療の現場では、医師の養成が不要となり、「医師 求人」や「看護師 求人」がサイト上から消えるようなことになり得る可能性もあります。日本人口の今後の推移を予想立てていくと、2040年頃には、高齢者人口のピークを迎えると言われています。ロボット技術や人口知能技術は、あくまでこれまでに人々が生み出してきた医療を支援する存在であって、あらゆる産業の核心には人間の存在が必要なのだということを忘れてはなりません。人々にとってどのような医療が社会にとって必要なものであるのかを、個人々が考える必要がありそうです。江戸時代に蘭学者たちが、投げかけた医療分野への波紋と同じように、私たちは日々の営みの中で未来の医療の姿を作り出そうとしています。